2014年07月22日

バルテュス展/ルドルフ・シュタイナー展

in-the-water.jpg


バルテュス展/東京都立美術館

先月は上野のバルテュス展へ行きました。学生時代に古本屋でバルテュスの図録と出会って好きになって以来この時をずっと待っおりました。
あの閉じられた世界のいかがわしさと美しさはたまりません。若き日の素描も面白かったです。決して達者なタイプの画家では無いのだろうけど、技術的な巧さというのは魅力的な画家の第一条件では決してないですもんねえ。ウォーホルなんかと違って絵の解説は不要、絵とタイトルがあれば十分という気がします。「夢見るテレーズ」や「美しい日々」が見られて大満足。
ピカソが”二十世紀最後の巨匠”と言ったそうで、それが今回の展示のキャッチフレーズっぽくなっていたのには違和感ありありでしたが。そんな王道なのかなあ。西欧ではそうなのかしらん。今は京都市美術館に巡回していますので、関西の方は是非に。


ルドルフ・シュタイナー展/ワタリウム美術館

これは今月行きました。あのシュタイナー教育のシュタイナーです。
黒板ドローイングを目的に行ったのだけど、いかんせん思想家シュタイナーの知識が不足し過ぎておりしっかり楽しめたとは言えませんでした。
でも言葉ありきのはっきりとした意志に基づいた線画は、シンプルな線でも深みがあって分からんなりにも知的に感じました。
posted by maki IRIE at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2014年06月24日

6月のドローイング

musician487.jpg

男の笛はキューキューと切なく鳴り続けたよ



banana-book.png

気分屋/バナナ読書
posted by maki IRIE at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2014年06月09日

5月のドローイング

mom487.jpg

優しい母さん



journey539.jpg

旅立ちは今かな
posted by maki IRIE at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2014年06月03日

5月のドローイング

desert-girl487.jpg

彼女は慎重すぎただけ/夕暮れのお届け



hole.jpg

もう少しのユーモアがあれば
posted by maki IRIE at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2014年05月27日

5月のドローイング

banana-talking.png

ゆりかごの行方/有益な会話



my-sister487.jpg
宿屋の娘と
posted by maki IRIE at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2014年05月26日

5月のドローイング

girl-in-the-store510.jpg

期限付きの女/本日のメニューはあちらに




club.jpg

放課後の女/熱心な24時
posted by maki IRIE at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2014年05月24日

バイバイ バウスシアター!

room488.jpg


七月のダダ 



ー ー ー ー ー

吉祥寺のバウスシアターが6/10に閉館します。お子が生まれて以来映画館とはとんと縁が切れてしまい、上京してせっかく吉祥寺近辺に住んでいるのに結局一度も入らずじまいだったけど、歴史ある映画館が無くなってしまうのは非常に残念。コンサートに使われる巨大スピーカーを使って上映する名物”爆音映画祭”が閉館にあたって上映されているのですが、先日行ってきました!!
、、と書きたかったのですが、行けませんでした。お子が体調不良だったのでしょうがありません。とほほ。チケットを取ってくれた友よ、ほんまにごめん。爆音でゆらゆら帝国の野音ライブ、めっちゃ楽しみにしていたのにナア。
posted by maki IRIE at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2014年05月21日

5月のドローイング

glass-case481.jpg

窮屈は案外透明なものだった


six-days-only.jpg


メロディーは屋根を滑り落ちる
posted by maki IRIE at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2014年05月20日

5月のドローイング

spring-breeze519.jpg

カーテン裏の春


a-man-said491.jpg


春の日(有意義な散歩)
posted by maki IRIE at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2014年05月16日

去年のドローイング

animal-house531.png
白い昼間/二人の世界



fruits-beach.png
チカチカした飲みものはいかが?
posted by maki IRIE at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2014年05月12日

去年のドローイング

3tsuami-go-home489.png

帰り道
posted by maki IRIE at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2014年04月30日

アンディ・ウォーホル展 永遠の15分

fishing-table498.png


■アンディ・ウォーホル展:永遠の15分  / 森美術館

一昨日やっと観に行った。平日といえども3ヶ月あった展示も近々終了するのでほどほどの混みよう。去年たまたまウォーホルの伝記や評論の本を何冊か読んだので、自分としてはタイムリーな展示でもあった。初期のイラストレーションも実物が見られ本当に嬉しかったのだけど、やはりなんといっても圧巻はマリリンモンローの連作か。
展覧会タイトルがまさに作家の在り方そのものずばり。熱が冷めないうちに図録をじわじわと読んでおこう!
posted by maki IRIE at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2013年11月28日

この間のドローイング

wareomou.jpg

wareomou2.jpg

静かな時間/眠るる
posted by maki IRIE at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2013年11月25日

この間のドローイング

pianist493.jpg

不完全な正午 /(書きかけの招待状)
posted by maki IRIE at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

この間のドローイング

rope492.jpg

緑と水色の室内/(わたし達の共通点は意外と少ないのだった)
posted by maki IRIE at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2013年11月24日

2013年11月21日

いつかのドローイング

in-sands461.jpg


音符はいちいち黒い粒になって砂に落ちていった/砂浜のピアノ
posted by maki IRIE at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2013年11月20日

いつかのドローイング

fullmoon493.jpg

月の丸い夜(すべての音は足の裏に消えた)
posted by maki IRIE at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2013年11月19日

いつかのドローイング

coffee-shop.jpg


彼女はとりあえずコーヒーショップを探すことにした。
そうすれば柔らかな休息が訪れることがはっきりと分かっていたからである。
posted by maki IRIE at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2013年10月07日

いつかのドローインング(部分)

minimini-oheya406.jpg


めくれ上がった昼間のはじで
posted by maki IRIE at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | アート